スウェーデン

2014年12月オーロラ直行便でスウェーデン・キルナへ

昨年末のクリスマス直前。
オーロラ直行便で、成田空港発、スウェーデン・キルナへ行ってきました。

出発前、成田空港のSASチェックインカウンターでは、オーロラ直行便にご搭乗されるお客様のために特別にご用意した、オリジナルクッキーを、地上職員より、お客様へ感謝の気持ちを込めて、プレゼントさせて頂きました。

スノーマン型クッキー

Img_2064

成田空港を通常のコペンハーゲン行きの出発時刻より、やや早く出発し、一路スウェーデンのキルナを目指します。

キルナ空港へ到着の二時間前には、二度目のお食事サービス。
日本時刻は、午後8時過ぎ。現地時刻は、ちょうどお昼の12時頃でしたが、窓の外はすでに真っ暗。通常のコペンハーゲン行きの便では、真っ暗な中を飛行することがないため、とても不思議な気持ちの中、食事サービスを終えました。

キルナへ近づくにつれ、外の景色も、真っ暗闇から、徐々に地上の雪山を見渡せるようになり、お食事を終えたお客様にも、窓の外に広がる雄大な景色をお楽しみいただきました。

Img_2069

空と大地の色は、薄いピンクと青のグラデーションが折り重なり、遠くどこまでも広がっています。

キルナ空港は、普段、長距離路線用飛行機の離発着のない、とても小さな空港。
そのため、入国審査は、駐機場横にある建物の中に臨時に設置されたブースで行われます。到着後は、機体のドアに、取り付けられた外階段を降り、入国審査場まで、雪で凍結した路面を徒歩で移動となります。

Img_2107

こちらの赤い建物の中に、入国審査ブースがあります。

Img_2101

この日は、なんと地元の有志の方々による、サンタクロースのお出迎えがこの建物の中であり、機内で待機していた私たちからも、日本からはるばるやってきた、オーロラ便ご利用のお客様を歓待してくれている、サンタクロース二名のにこやかな姿を確認することができました。

到着時のキルナは、-22度。
広大な大自然に囲まれた場所ですので、空気がとても澄んでいます。
写真の空の色から、現地の空気が澄んでいるのが伝わりますでしょうか?

Img_2106

経験したことのない皆さまのために、念の為、ご説明致しますと、-22度の世界では、手袋無しの場合、10分で限界が訪れます。10分経過後は、手がものすごく痛くなりますので、ダッシュで室内へ退避することになります・・・。今後、キルナへ、オーロラ鑑賞にお出かけ予定の皆さまは、くれぐれも手袋をお忘れなく。また、帽子、耳当て、スノーブーツもご用意されますと、更に安心です。

お客様全員が降機された、午後二時半頃には、既に夕暮れ。

Img_2102

真っ暗闇が訪れる前に、空がピンクに染まるキルナ。
皆さまも、オーロラ探しに、一度訪れてみませんか?
是非、私たちSASに、皆さまの旅のお手伝いをさせてください。

Fullsizerender_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mikkeller Barストックホルム

先日お伝えした、SAS Businessで提供を開始したデンマークのビールMikkelerのバーに行ってきました。

今回はストックホルムのバーに行きましたが、もちろんコペンハーゲンにもあります。

ストックホルムのバーはこじんまりとしていて、入り口は画廊のような雰囲気。中はムーディーなライティングでお店の方々もとてもフレンドリー。

約20種類あるというビールが黒板に書かれています。

好みをいうと、おすすめのビールを丁寧に説明してくれます。

いろんな種類を楽しみたい方はぜひ一番小さいサイズをお選びください。ビールの種類によって値段も違うようですが、一番小さいサイズでSEK35-45(¥500-600)といったところでしょうか。

実は今年2月にできたばかりらしいのですが、地元の人たちにはかなり人気のよう。

ストックホルムにいらしたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

http://mikkeller.dk/?land=1/

Entrance


Board

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オーロラ直行便就航!

SASでは今年度も東京―オーロラ直行便が運航しています。
昨年12月から今年1月まで、私も3フライト連続してオーロラ直行便に乗務しました。

今年度もエヴェネス(ノルウェー)、キルナ(スウェーデン)に成田から直行便が運航し、この直行便を利用すれば、日本を出発したその日から、オーロラに会えるチャンスがあります。

観光名所としては、オーロラ観測の他に犬ぞり体験等のアクティビティーや、教会やホテルのバーからベッドまで全てが氷で作られていることで有名なアイスホテル等があります。アイスホテルでは、ほぼ毎年日本人のデザイナーがデザインしたお部屋がご覧いただけます。

今年もオーロラ直行便運航日は成田空港チェックインカウンター前にこのような記念ボードをご用意させていただいてております。

14711_4427323635820_972640908_n

昨年、キルナ便常務の際は、通常の東京―コペンハーゲン便よりも短い、10時間弱の飛行時間を経て、スウェーデンのキルナへ到着しました。

481614_4437840298730_1213192952_n

581362_4437839898720_422263942_n

キルナ空港にて私たち乗務員は、ストックホルムベースの乗務員以外は降機せず、パイロットの交代と機体整備を行った後、そのままコペンハーゲンへ。

沈みゆく夕日が織りなす、空と地表のコントラストは本当に綺麗で、いつまでも眺めていたい光景でした。

15658_4437840938746_2146791337_n

詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルモ・Konditori Hollandia

先月中旬、日曜日のコペンハーゲンステイ。
後輩のAちゃんと、久しぶりに、スウェーデンのMalmöへ行ってきました。いつも楽しくて、笑いがたえない、可愛い後輩Aちゃんとのフライト。スケジュールが発表されてから、この日まで、今回のステイは一緒にどこへ行って過ごそうかと、とっても楽しみにしていました。

突然ですが、皆さんは、日常生活の中で自分が長男・長女(第一子)、真ん中の子、末っ子、あるいは、ひとりっ子であるということを強く意識したことはありますか?
姉・兄が大学進学後、上京するために家を出て以降、きょうだいで一緒に暮らすことがなくなってからは、自分が末っ子であるということを意識することは、ほとんどなかったのですが、長女である後輩のAちゃんと一緒にいると、自分の末っ子気質が顕著に表れてくるようで、「典型的な末っ子の発想ですね
( ´,_ゝ`)ハイハイ」と、冷静な突っ込みを受けることがよくあります(笑)

そんなことから、自分でも、「末っ子気質とは?」と、気になって、本を調べてみたところ、一般的な気質として、長男・長女は、責任感が強い、自分の感情を抑えて我慢する、教えるのがうまい。末っ子は、要領がいい、思ったことをすぐに言う、甘え上手といった気質の他に、長男・長女:「母親に口答えをする、平気で人に頼みごとをする(押し付ける)」、末っ子:「母親・父親に告げ口をする。自分を中心に世界が回っていると思っている」とあって、ちょっと笑ってしまいました。
自分の子供時代を思い返してみても、家庭において、そういう場面が本当に多かったんですね。特に、末っ子である私は、小さいころから、「自分を中心に世界がまわっていると思うんじゃない!」と、母親によく叱られていましたヾ(´ε`*)ゝ
同じ長男・長女でも妹がいるのか、弟がいるのか、末っ子でも上が兄なのか、姉なのかによっても、それぞれの性格、相性が変わってくるようなので、調べていてとても興味深かったです。きょうだい構成から、その人の気質が左右されてしまうなんて、ちょっとおもしろいですよね。

そんなしっかり者の長女のAちゃんと、自由な末っ子の私。思い返してみると、ちょうど一年前の同じ時期に一緒にMalmöへ行き、中心街にあるカフェでケーキを食べて休憩した後、その日に新しくオープンしたEmporiaという、大きなショッピングセンターへ行ってきたのでした。

Photo

開店前のショッピングセンター前は、入店を待つ人々で大行列。
ショッピングセンターには、H&M等有名店舗の他、様々なアパレルショップや、地下階には大きなスーパーマーケットが二店舗入っています。
大きなフードモールもあったり、コペンハーゲンとは、また違った雰囲気を楽しむことができます。

Emporiaへは、Hyllie駅よりすぐ。
同じMalmö行きのチケットで、乗り降り可能です。

コペンハーゲンからMalmöへは、コペンハーゲン中央駅、またはコペンハーゲン空港駅から電車で30分前後。隣の国ですが、デンマーク・スウェーデン間を電車で移動する際には、パスポートチェックもなく、至って簡単に入国することができます。

電車のチケットを購入するときには、二人分をまとめて買うと割引になるので、誰かと一緒に利用する際には、別々に購入せず、二人分を一緒に
購入するとお得です。
購入の際には、帰りがいつになるのか聞かれますので、日帰りなのか二日間なのかチケットカウンターで伝えてください。

今回のMalmöでは、東京でノルウェー語を習っていたことが縁で、知り合ったHさんからお薦めしていただいた、ベーカリーカフェ、Konditori Hollandiaへ。

P1050643



Konditori Hollandiaへは、Malmö中央駅下車後、メインの大通りをまっすぐ15分ほど歩くと、通り左手にお店があります。

この日は、あいにくの雨で、通りを歩く人影もまばら。なんとなくひっそりとした雰囲気でしたが、店内へ足を運ぶとその景色は、一転。昼食をとる人々で賑わっていました。

このお店では、入り口のショーケースに並んでいる商品を選んだら、近くに設置されている機械から順番待ちの番号札をとって呼ばれるのを待ちます。混雑時には、注文する前に先に席を確保しておくのが良いかもしれません(貴重品は席に放置しないようにしましょう)。
サンドウィッチは、スモークサーモン、シュリンプ、ハム&チーズ、ローストビーフ、ベジタリアン等、種類が豊富。

P1050650

ケーキは、どれもデコレーションが凝っていて、中々一つに決められないくらい美味しそうなものが沢山。

P1050648
ケーキの奥の棚にも、焼き上げられた各種ペーストリーが並んでいます。

私たちは、まず、生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶、ハムとチーズのサンドウィッチとカフェラテを頼んでみました。


生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶。

P1050655 

紅茶は、レジで会計後、茶葉の入ったポットを受け取って、店内中央に設置された、コーヒー・紅茶コーナーで、自分でお湯をそそぎます。コーヒーを注文した場合も、その場にカップが用意されていますので、自分でコーヒーを注いで席に着きます。


紅茶コーナーで、自分の紅茶ポットにお湯を注いで、席に戻ってきた末っ子に長女が一言。

「A型とは思えない雑なお湯の注ぎ方ですね(○゚ε゚○)プッ」

はい、出ました。
長女・O型(=おおらか、面倒見がいい、ロマンチスト♡)からの鋭い突っ込み。
そうです。末っ子でありA型(=几帳面、繊細、まじめ)の私ですが、茶葉を入れる茶こしが元からポットについている茶こしではなく、独立タイプの茶こし(しかも茶こしの中には茶葉がたっぷり)だったので、茶こしの上からお湯を注ぐときにドバーッと一気にお湯が出てしまい、ポットの中に茶葉が大量にあふれ出す状況になってしまったのです。
「大丈夫!カップに注ぐときに、もう一回、同じ茶こしで茶葉を受け止めながら注ぐから(◎´∀`)ノ」
と、なんとかA型としての面目を保つべく、平静を装いながらその場を取り繕ってみたのですが、その人の性格というのは、何か一つの要因から決定されるのではなく、血液型、きょうだい構成、その他いろいろな要因の集大成なんですね。。。


楽しみにしていたサンドウィッチですが、Hさんにお薦めしていただいた通り、サンドウィッチのパンがとても美味しくて、二人とも大満足。サンドウィッチを食べている間にも、店内には次から次へとお客さんが入ってきて、人気店であることが伺えます。

食後は、楽しみにしていたデザート。

どれにするか散々悩んだ末に、一番人気のパッションフルーツケーキを注文してみました。

P1050656

とっても爽やかな味わいで、パッションフルーツの香りが気持ちを明るくしてくれます。


こちらは、Aちゃんが注文した、ラズベリーケーキ。

P1050662

甘さ控えめで、チョコレートの苦みとラズベリーの酸味がきりりと効いた、大人な味わいでした。


二人とも、すっかりこのお店が気に入ってしまい、ショッピングを楽しんだ後に、もう一度、閉店間際のこちらへ戻って、それぞれサンドウィッチとペーストリーをテイクアウト。
さすが人気店だけあって、戻ってきたときには、かなりの商品が売り切れていました。

店内は、席数も比較的多く、大人数で集まってもゆったりくつろげるくらい、広々。
お気に入りのお店がまた一つ増えました。

お店を紹介してくださったHさん、どうもありがとうございました。


Emporia
http://emporia.se/(スウェーデン語)

月―日 10:00-20:00

Konditori Hollandia
http://www.hollandia.se/old/index.htm(スウェーデン語)

月ー金 8:00-19:00
土 9:00-17:30
日 11:00-18:00

Södra Föstadsgatan通り沿い左手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデン人 スタイル

美男美女の多いスウェーデンですが、あのスタイルをキープするためには努力をしています。

SASの本社ストックホルムオフィスは調節できるデスクがディフォルトです。スウェーデンではSASオフィスのみならず、他の企業でもこの調節できるデスクが主流のようです。

こんな感じです。

Stand_2 

これは、眠気覚ましの意味もあるようですが、メタボ対策?スタイルキープのためのようです。よって、昼過ぎ、夕方によく見られる光景です。

こちらはボールです。ボールも部署にいくつかあり、好きなときに使いたい人が使うようです。

Ball

仕事内容によって、できない部署もありそうですが、よいシステムですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラリオンホテル アーランダ

ご無沙汰しております。

久しぶりにブログを更新します。

昨年末、ストックホルム、アーランダ空港にできたクラリオンホテルです。環境に配慮して建てられたホテルは外観や料理などからわかります。

そこにある、レストランも有名で、ニューヨークに拠点をおく、スウェーデン人シェフがプロデュースする、キッチン&テーブルです。現在このアーランダ空港のみならず、スカンジナビア各地にお店があり、リラックスできる雰囲気と国際色豊かな料理が人気です。

http://www.kitchenandtable.se/welcome

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スウェーデンのトイレは男女兼用

空港は男女別なので、全てではありませんが、スウェーデンのトイレは男女兼用がほとんどです。
これは、SAS本社のトイレですが、このようなスタイルなら、気付きませんが、洗面所が一緒だったりすると、ちょっとビックリです。
New_image

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アイスホテル 日本人デザイン

スカンジナビア航空の東京-キルナ直行便を利用した記事が掲載されています。
毎年、日本人デザインのお部屋があるとは聞いておりましたが、とても素敵ですね。

http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201301280179.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キルナ初便

23日、東京-キルナ直行便が無事成田を出発しました。

出発便は23日ということもあり、サンタがお見送りをしました。

Dsc03751

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京-キルナ直行便

スカンジナビア航空は、今冬、オーロラ観測などで人気の高まるスウェーデンのキルナへ、東京から期間限定で運航することが決定いたしました。
直行便運航にあたり、駐日スウェーデン大使 ラーシュ・ヴァリエ閣下よりメーッセージが寄せられました。

http://www.youtube.com/watch?v=edI0gAV0ogw&feature=youtu.be

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンタトゥー DVD発売

スウェーデンが舞台となった、全世界6500万部を売り上げたミステリー小説「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」が原作の映画、『ドラゴン・タトゥーの女』がDVDになりました。これを記念し、SASニュースレターを購読してくださった方の中から抽選で10名様にDVDをプレゼントいたします。ふるってご応募ください!

Dt_selldvd_sleeve_h1_01

応募はこちらから

価格3,990 (税込) TSDD-80224

発売・販売元:㈱ソニー・ピクチャーズ エンターティンメント

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スウェーデンデー イン 東京

今週末、6月2-3日、スウェーデンをもっと日本の方に知っていただこうと、スウェーデン大使館にて、スウェーデンデーイン東京が開催されます。

当日はさまざまなアクティビティが用意され、またスウェーデンの企業もそれぞれブースを出します。

入場には招待券が必要となります。販売はしておりませんのでご了承ください。

www.swedendayintokyo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストックホルムのゴミ箱

ストックホルムの空港で見つけたゴミ箱です。スカンジナビアのデザインはいつもシンプルで機能的なのは分かっていましたが、何をどこに捨てていいのやら。

どうやら、缶、新聞・雑誌、その他らしいです。

Dust

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ストックホルム バー

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

スカンジナビアも暖かくなってきました。今くらいから、8月までは日照時間がかなり長くなるので、お出かけになるのであれば時間を有効に利用していただける、今の時期をおすすめします。

照明の文化もその関係から、日本とはずいぶん違います。ろうそくがあちらこちらに置かれていて、普通の家庭でもろうそくを置く習慣があるので、お店でもよく売られています。

Picture_027

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドラゴンタトゥーの女

現在ロードショー中の映画、ドラゴンタトゥーの女、ご覧になりましたか?

ドラゴンタトゥーの女はスウェーデンの作家スティーグラーソンの推理小説「ミレニアム」をベースにしたもので、現在映画館でご覧いただけるのは、ハリウッド版です。

映画ではかなり省略されている部分も多いので、本もおすすめです。

Millenium

そしてストックホルムでは軌跡を巡るツアーが人気のよう。

確かに見たら行きたくなってしまうはずheart04

http://www.stadsmuseum.stockholm.se/index.php?sprak=english

| | コメント (1) | トラックバック (1)

機体がホテルに-ストックホルム

確か、3年ほど前、ストックホルム空港近くに飛行機のホテルができました。名前はジャンボ ホステル。

中はコックピットにあるスウィート1室を含む全25室だそう。

でも、東京からだと、コペンハーゲンで乗り継いでストックホルムまで約12時間の空の旅のあと、ホテルがまた飛行機・・・・微妙ですが、お子さま連れとかにはいいかもしれません。

Picture_004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストックホルム旧市街ガムラ・スタン

ストックホルム旧市街ガムラ・スタンは中央駅から川を挟んだ西に存在し、周辺には小さなお店が軒を列ね、川を渡るときの端からの眺めは最高です。

Picture_023

先日は日本と同じくらいの気温でしたが東京では感じない澄んだ空気の中、周りは水に囲まれ、古い建物がそびえたつのを見るのは何だかとても素敵でした。

Picture_026

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストックホルム その2

Img_0478

大きな飾りがぶら下がったこちらはストックホルム、アーランダ国際空港の出発ロビーです。スウェーデンではクリスマスから年が明けて1月31日まで飾りを外さないらしいのです。(12月に撮った写真ではありません。。。)Img_0480_2Img_0481_2上の2枚の写真は出発ロビーと同じ階のSKY CITY(SASのチェックインカウンターとはちょうど反対側になります)にあるカフェで、天井が高くて解放感があり、時間に余裕があるときは立ち寄ってます。

その後、手荷物検査場を通過した後のお店は数年前よりも充実していて「Design House Stockholm」「DesignTorget」などのデザイン系のものを扱うお店が増えていました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストックホルム その1

ストックホルムに行ってきました。もちろん寒いのですが中央駅からNKデパートまでは地下を通って行けますし、夏場は観光客でごったがえすガムラスタン(旧市街)のお店も入りやすいですし、雪景色も風情があって美しいです。Img_0469今回のランチはオステルマルム市場でいただきました。地下鉄のÖstermalmstorg駅からすぐという街中にあることと、一人でも気軽に入れて、美味しいこともあり、ストックホルムに行った時はほぼ毎回行ってます。市場とはいってもビジネスランチの方々も多いです。Img_0473  私のお勧めは「Tysta Mari」でランチではメインを頼むとパンとミニサラダ、食後のコーヒーが付くセルフサービスのお店です。http://www.saluhallen.com/ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)