« コペンハーゲンのクリスマスマーケット 後編 | トップページ | 今、大注目のストリート、Jægersborgådeへ »

新年初フライト

先日、新年初フライトを終え、無事帰国しました。

出発前の成田空港は、すっかりお正月モード。
外国人観光客の皆さまも多数、写真撮影していらっしゃいました。

P1090911_2


こういったお正月飾りは日本ならでは。

中国や他アジア諸国では、同じように干支があるようなのですが、欧米諸国にはそういった文化はないので、説明すると興味深く聞いてもらえることがあります。
今年は、なぜ猿がメインで飾られているのか。干支を理解して帰国された外国人観光客の方は、果たしてどれくらいいらっしゃったでしょうか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
現在SASでは、日本路線運航機材のA340において、二機が新しいインテリア搭載となっているため、今回は往復ともに新しいインテリア搭載機材での乗務となりました。
まもなく三機目も搭載作業完了予定ですので、SASを利用してくださる皆様に、新しい機内体験をご提供する機会がさらに増えますこと、本当に嬉しく思います。

新しいインテリア搭載機材の入り口。
P1090913_4

今回は、年始のフライトでしたので、成田発の便では、日本で年末年始を過ごし、欧州へ帰国されるご家族連れのお客様に多数ご利用いただきました。

小さなお子様連れのお客様には、赤ちゃん用ベットや、お子様用のお食事などをご用意しております。事前予約の上、ご利用が可能ですので、ご希望のお客様は、お早めにご予約ください(赤ちゃん用ベットは数に限りがございますので、ご希望に添えないこともございます)。また、お化粧室内に、SASビジネスには二ヶ所、SAS PLUSとSAS GOには四ヵ所、おむつ交換台をご用意しております。


新しいインテリア。夜間の青い夜空。
P1090914_2


成田到着前には、到着時刻の午前10:40に合わせて、徐々に朝の光へ。
P1090918_3


今回のステイ中、コペンハーゲンの地上気温は、なんと最高マイナス二度。
日本との気温差に体調を崩されません様、お出掛けの際には、耳あて、ニット帽、手袋などの防寒具をご用意ください。

本年も皆様に、機上にてお目に掛れます様、乗務員一同心よりお待ちしております。

|

« コペンハーゲンのクリスマスマーケット 後編 | トップページ | 今、大注目のストリート、Jægersborgådeへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354278/63398087

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初フライト: