« SASには、ソムリエ資格保有者も多数在籍しています | トップページ | 新キャビン最初の機体 »

新キャビン導入へ向けて、準備が始まっています

先日は、久しぶりに滞在先ホテルの朝食ビュッフェへ行ってきました。

カットされたパイナップルに、ココナッツフレークをかけてみたら、予想以上の美味しさ!今後、朝食の定番になりそうです。

Img_2202

ビュッフェ形式の場合、あれもこれもと、ついつい欲張ってしまった結果、食べ疲れしてしまうことが多いのですが、欧米人を見ていると、彼らは大体、自分の定番が決まっているので、私たち日本人のように、少しずつあれこれ盛り合わせている人を、あまり見かけません。

日々の食品選びに関しても、欧米人は、ベイクドビーンズだったら、このブランド、チョコレートだったらこの商品、という風に、個人の好みが大体決まっており、新しいものに挑戦することが少ないように思います。

ビュッフェのメリットを生かして、できるだけ多品目でバランスよく食べようとしたり、普段食べないものに挑戦してみたり、日本人の方が、概ね食に対して、より貪欲で、好奇心旺盛と言えそうです。

各食品メーカーから次々に発売される、新商品に囲まれて生活し、それらを次々に試すことが好きな私たち日本人と、自分の中の定番からほとんど外れることなく、一定の商品を長く愛し続ける、ある種の安定感に囲まれて暮らす欧米人とでは、食に対する姿勢が、根本的に異なるのかもしれませんね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


今月から、新キャビン導入に向けて、機内サービスが一新されました。

新キャビンでは、特にSASビジネスのシートが、現行の二席横並びの席から、より個人のプライバシーが重視された配置に変更になるため、お食事サービスもそれに合わせて、よりパーソナルで、お客様の好みにより合致しやすいように、お食事メニューの選択肢も増えました。

日本路線での新キャビンの導入は、もう少し先ですが、今回のフライトでは、新しいサービス手順の確認や、改善点について話し合い、よりよいサービスができるように、乗務員一同意見を出し合いました。

新キャビン導入に先駆けて、まずは、機内用ブランケットと枕カバーが新しくなりました。

SASビジネス
P1070886

SASビジネスは、ブランケットも枕カバーと同じ柄でのご用意となります。
これらは、全てスウェーデンの高級寝具ブランド、Hästens社製。肌触りがとてもよく、ふかふか。旅の疲れも心地よい眠りで癒されそうです。

SAS Go
P1070881

新キャビンでは、シートの色がダークグレーになるため、それに合わせて、枕カバーは、ライトグレー、ブランケットは、水色と紺色のリバーシブルになっています。

日本路線での新キャビン導入が待ち遠しいです!

|

« SASには、ソムリエ資格保有者も多数在籍しています | トップページ | 新キャビン最初の機体 »

コメント

新シート導入は11月からですか?

投稿: くろ | 2015年5月12日 (火) 22時44分

はい、日本路線導入は11月予定です。

投稿: SAS | 2015年5月13日 (水) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354278/58901288

この記事へのトラックバック一覧です: 新キャビン導入へ向けて、準備が始まっています: