« 新キャビンの進捗情報 | トップページ | SAS 、2014年ふたたび高い定時到着率! »

今冬、初めてディアイシングをしました

先日のコペンハーゲン出発日は、朝から雪。

今冬のコペンハーゲンは、例年と比べて雪がとても少なく、個人的には、今冬3回目のコペンハーゲンで目にする雪でした。強い風に飛ばされ、勢いよく舞い踊る雪を、ホテルの部屋から眺めながら、「この勢いで降り続けると、出発前にディアイシングが入るかもしれないな」と思いつつ、仕事へ行く準備をし、空港へ向かいました。
*De-icing(ディアイシング)・・・機体に付着した雪を取り除く作業をすること。

機内でお客様をお迎えし、出発準備を行っていたところ、予想通り、機長より、「離陸前にディアイシングを行う」との機内アナウンスが入りました。そのため、機体は、ゲートより出発後、除雪作業場へ移動し、作業を完了してからの離陸となりました。

雪の日の外出は、やや大変ですが、室内から、しんしんと降り積もる雪を眺めるのは好きで、除雪作業の為の待機中、暖かな機内の窓から、外に降り積もる雪をじっと眺めていると、徐々に気持ちが安らでいくのを感じました。
こういった時の、心安らぐ居心地の良い状態を、英語では、「Cosy(コージー)」と言うのですが、まさにその言葉がぴったりなシチュエーションでした(欲を言えば、間接照明の灯った室内で、パチパチと音を立てる暖炉を前に、お気に入りのカップに注いだコーヒーのぬくもりを感じながら・・・といった状況だと、さらにCosy度が高まりますね!)。

除雪作業後、コペンハーゲン空港を無事に出発。
一度目の食事サービス後、室内の照明を暗く調整し、機内を巡回。ギャレーで一息ついていたところ、操縦室より、オーロラが出ているとの情報が入りました。

本年初、機内から撮影したオーロラ。

P1070867

P1070868

P1070869

今回のオーロラ出現ポイントは、ロシアのノビルスク。
オーロラも綺麗でしたが、その上に燦然と輝く星々がとても綺麗で、しばらく見入ってしまいました。

今回、お客様の中に一眼レフカメラをお持ちの方がいらっしゃり、機内から撮影したオーロラ写真を見せていただいたのですが、さすがに写真の出来上がりが綺麗で、やはりそろそろ私も一眼レフを購入すべきなのかもしれないと思えてきました。。。

機会があれば、皆様から機内で撮影したオーロラ写真を募集して、オーロラ写真コンテストなど開催できたら楽しいでしょうね。

|

« 新キャビンの進捗情報 | トップページ | SAS 、2014年ふたたび高い定時到着率! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354278/58716256

この記事へのトラックバック一覧です: 今冬、初めてディアイシングをしました: