« スウェーデンに行こう! | トップページ | スカンジナビア人は、皆大好き!ラクリス »

マルモ・Konditori Hollandia

先月中旬、日曜日のコペンハーゲンステイ。
後輩のAちゃんと、久しぶりに、スウェーデンのMalmöへ行ってきました。いつも楽しくて、笑いがたえない、可愛い後輩Aちゃんとのフライト。スケジュールが発表されてから、この日まで、今回のステイは一緒にどこへ行って過ごそうかと、とっても楽しみにしていました。

突然ですが、皆さんは、日常生活の中で自分が長男・長女(第一子)、真ん中の子、末っ子、あるいは、ひとりっ子であるということを強く意識したことはありますか?
姉・兄が大学進学後、上京するために家を出て以降、きょうだいで一緒に暮らすことがなくなってからは、自分が末っ子であるということを意識することは、ほとんどなかったのですが、長女である後輩のAちゃんと一緒にいると、自分の末っ子気質が顕著に表れてくるようで、「典型的な末っ子の発想ですね
( ´,_ゝ`)ハイハイ」と、冷静な突っ込みを受けることがよくあります(笑)

そんなことから、自分でも、「末っ子気質とは?」と、気になって、本を調べてみたところ、一般的な気質として、長男・長女は、責任感が強い、自分の感情を抑えて我慢する、教えるのがうまい。末っ子は、要領がいい、思ったことをすぐに言う、甘え上手といった気質の他に、長男・長女:「母親に口答えをする、平気で人に頼みごとをする(押し付ける)」、末っ子:「母親・父親に告げ口をする。自分を中心に世界が回っていると思っている」とあって、ちょっと笑ってしまいました。
自分の子供時代を思い返してみても、家庭において、そういう場面が本当に多かったんですね。特に、末っ子である私は、小さいころから、「自分を中心に世界がまわっていると思うんじゃない!」と、母親によく叱られていましたヾ(´ε`*)ゝ
同じ長男・長女でも妹がいるのか、弟がいるのか、末っ子でも上が兄なのか、姉なのかによっても、それぞれの性格、相性が変わってくるようなので、調べていてとても興味深かったです。きょうだい構成から、その人の気質が左右されてしまうなんて、ちょっとおもしろいですよね。

そんなしっかり者の長女のAちゃんと、自由な末っ子の私。思い返してみると、ちょうど一年前の同じ時期に一緒にMalmöへ行き、中心街にあるカフェでケーキを食べて休憩した後、その日に新しくオープンしたEmporiaという、大きなショッピングセンターへ行ってきたのでした。

Photo

開店前のショッピングセンター前は、入店を待つ人々で大行列。
ショッピングセンターには、H&M等有名店舗の他、様々なアパレルショップや、地下階には大きなスーパーマーケットが二店舗入っています。
大きなフードモールもあったり、コペンハーゲンとは、また違った雰囲気を楽しむことができます。

Emporiaへは、Hyllie駅よりすぐ。
同じMalmö行きのチケットで、乗り降り可能です。

コペンハーゲンからMalmöへは、コペンハーゲン中央駅、またはコペンハーゲン空港駅から電車で30分前後。隣の国ですが、デンマーク・スウェーデン間を電車で移動する際には、パスポートチェックもなく、至って簡単に入国することができます。

電車のチケットを購入するときには、二人分をまとめて買うと割引になるので、誰かと一緒に利用する際には、別々に購入せず、二人分を一緒に
購入するとお得です。
購入の際には、帰りがいつになるのか聞かれますので、日帰りなのか二日間なのかチケットカウンターで伝えてください。

今回のMalmöでは、東京でノルウェー語を習っていたことが縁で、知り合ったHさんからお薦めしていただいた、ベーカリーカフェ、Konditori Hollandiaへ。

P1050643



Konditori Hollandiaへは、Malmö中央駅下車後、メインの大通りをまっすぐ15分ほど歩くと、通り左手にお店があります。

この日は、あいにくの雨で、通りを歩く人影もまばら。なんとなくひっそりとした雰囲気でしたが、店内へ足を運ぶとその景色は、一転。昼食をとる人々で賑わっていました。

このお店では、入り口のショーケースに並んでいる商品を選んだら、近くに設置されている機械から順番待ちの番号札をとって呼ばれるのを待ちます。混雑時には、注文する前に先に席を確保しておくのが良いかもしれません(貴重品は席に放置しないようにしましょう)。
サンドウィッチは、スモークサーモン、シュリンプ、ハム&チーズ、ローストビーフ、ベジタリアン等、種類が豊富。

P1050650

ケーキは、どれもデコレーションが凝っていて、中々一つに決められないくらい美味しそうなものが沢山。

P1050648
ケーキの奥の棚にも、焼き上げられた各種ペーストリーが並んでいます。

私たちは、まず、生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶、ハムとチーズのサンドウィッチとカフェラテを頼んでみました。


生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶。

P1050655 

紅茶は、レジで会計後、茶葉の入ったポットを受け取って、店内中央に設置された、コーヒー・紅茶コーナーで、自分でお湯をそそぎます。コーヒーを注文した場合も、その場にカップが用意されていますので、自分でコーヒーを注いで席に着きます。


紅茶コーナーで、自分の紅茶ポットにお湯を注いで、席に戻ってきた末っ子に長女が一言。

「A型とは思えない雑なお湯の注ぎ方ですね(○゚ε゚○)プッ」

はい、出ました。
長女・O型(=おおらか、面倒見がいい、ロマンチスト♡)からの鋭い突っ込み。
そうです。末っ子でありA型(=几帳面、繊細、まじめ)の私ですが、茶葉を入れる茶こしが元からポットについている茶こしではなく、独立タイプの茶こし(しかも茶こしの中には茶葉がたっぷり)だったので、茶こしの上からお湯を注ぐときにドバーッと一気にお湯が出てしまい、ポットの中に茶葉が大量にあふれ出す状況になってしまったのです。
「大丈夫!カップに注ぐときに、もう一回、同じ茶こしで茶葉を受け止めながら注ぐから(◎´∀`)ノ」
と、なんとかA型としての面目を保つべく、平静を装いながらその場を取り繕ってみたのですが、その人の性格というのは、何か一つの要因から決定されるのではなく、血液型、きょうだい構成、その他いろいろな要因の集大成なんですね。。。


楽しみにしていたサンドウィッチですが、Hさんにお薦めしていただいた通り、サンドウィッチのパンがとても美味しくて、二人とも大満足。サンドウィッチを食べている間にも、店内には次から次へとお客さんが入ってきて、人気店であることが伺えます。

食後は、楽しみにしていたデザート。

どれにするか散々悩んだ末に、一番人気のパッションフルーツケーキを注文してみました。

P1050656

とっても爽やかな味わいで、パッションフルーツの香りが気持ちを明るくしてくれます。


こちらは、Aちゃんが注文した、ラズベリーケーキ。

P1050662

甘さ控えめで、チョコレートの苦みとラズベリーの酸味がきりりと効いた、大人な味わいでした。


二人とも、すっかりこのお店が気に入ってしまい、ショッピングを楽しんだ後に、もう一度、閉店間際のこちらへ戻って、それぞれサンドウィッチとペーストリーをテイクアウト。
さすが人気店だけあって、戻ってきたときには、かなりの商品が売り切れていました。

店内は、席数も比較的多く、大人数で集まってもゆったりくつろげるくらい、広々。
お気に入りのお店がまた一つ増えました。

お店を紹介してくださったHさん、どうもありがとうございました。


Emporia
http://emporia.se/(スウェーデン語)

月―日 10:00-20:00

Konditori Hollandia
http://www.hollandia.se/old/index.htm(スウェーデン語)

月ー金 8:00-19:00
土 9:00-17:30
日 11:00-18:00

Södra Föstadsgatan通り沿い左手。

|

« スウェーデンに行こう! | トップページ | スカンジナビア人は、皆大好き!ラクリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354278/53631306

この記事へのトラックバック一覧です: マルモ・Konditori Hollandia: