2013年11月

コペンハーゲン・Bio M

この時期になると毎年思うのですが、やはり一年は、あっw(゚o゚)wという間に過ぎていきますね。

個人的には、今年の初めには、5年振りにオーストラリア旅行へ行ったり、夏には9年振りに沖縄旅行へ行ったりと、その当時の過去の自分と今現在の自分を対比して振り返る機会が多かったように思います。9年前というと、今の仕事ではなく、他企業で貿易事務の仕事をしており、就業は月曜日から金曜日まで。担当は、主に欧州向けの出荷業務。時差の関係から深夜まで仕事をすることもありましたが、社会人なりたての私には、その全てが刺激的でとてもやりがいがあり、仕事が終わった後は、職場の先輩方や上司の方々と時々飲みに行くことが何よりの楽しみという生活を送っていました(;´▽`A``お酒が好きだったというよりも、お酒が入って少しくだけた雰囲気の場で、人生の先輩方の職場では中々聞くことのできないお話を拝聴するのが好きだったんですね。
当時を振り返ってみると、自分でも恥ずかしくなるくらいに、社会人としての自覚やマナーといったものを全く理解していなかったと深く反省することばかりなのですが、そんな私を、温かく、また優しく職場に迎え入れてくださり、親切丁寧に仕事をおしえてくださった前職場の方々には今でも深く感謝しています。前の職場は、結局、入社後一年半ほどで現職へ転職のため退社することになってしまいましたが、今年は、その当時の先輩や上司とインターネットコミュニティーサイトを通じて、再度繋がる機会ができ、改めてその感謝の気持ちを伝えることができたことは、本当に良かったと心から思っています。


少し前の話になってしまいますが、先月の初めには、以前から気になっていた、オーガニックレストラン、Bio Mに後輩のSちゃんと一緒に行ってきました。

今回ご紹介するお店は、地下鉄Kongens Nytorv駅から、徒歩約15分。
駅からレストランまでのStore Kongensgade通りをまっすぐ北上。この通り沿いには、両側にカフェやパン屋さん、アンティークショップなど沢山のお店が立ち並び、楽しく散策できるエリアでもあります。
Fredericiagade通りを左折後100m位歩くと前方、通り向かって右手側にお店が見えてきます。

P1050636

店内は、シックで落ち着いた雰囲気。
ハロウィンが近いので、カボチャがちょこんと飾られていました。

P1050633

ランチメニューから、私は、温かいスモークサーモンのサラダ添え、Sちゃんは、仔牛肉のロースト、マスタードソース、サラダ添えを注文しました。

P1050625

P1050642

盛り付けの色彩も豊か。
サーモンも仔牛肉も香り、歯触り共によく、サラダも活き活き。

お料理と一緒に出てきたパンは、ドライフルーツがほんの少し入っているようで、噛むたびにわずかな甘みとパンの香ばしさが口の中に広がり、自然と咀嚼回数も上がります。

P1050629

デンマークだとほとんどの場所で、料理を頼むと美味しいパンが無料で出てくるのが嬉しいですねhappy01

このシステムに慣れてしまっているので、ヨーロッパの他の都市へ旅行した際、一緒に出てきたパンを無料だと思って口にしたら、お会計の際に、しっかりパン代がチャージされていて驚いたことがあります。

後輩のSちゃんがSASに入社してから早二年。
ずっとお互いのスケジュールが合わず、一緒に働くのは、今回が初めてだったのですが、二人ともお料理を口にするタイミングが中々見つけられないくらい、すっかり話が盛り上がり、楽しいひとときを過ごすことができました。

食後には、楽しみにしていたデザートを注文。
ランチタイムには、その日のおすすめのデザートが一品用意されています。

この日に用意されていたデザートは、プラムケーキのアイスクリーム添え。

P1050631

こちらで出されるお料理は、どれもプレゼンテーションが素敵で、視覚的にも楽しむことができます。

デザートと一緒に、それぞれ紅茶とコーヒーを注文して、さらに話に花を咲かせて、ひとしきり盛り上がり、あっという間に入店してから3時間が経過。。。ふと、気付くと私たちが最後のゲストになっていましたcoldsweats01

お料理をサービスしてくれる、お兄さんもとても感じが良くて、サービスの勉強にもなりました。
異国にいることを忘れて寛ぐことができる、とっても居心地のいいレストランでした。

Bio M
www.biom.dk(デンマーク語・英語)

月曜休み。
火‐金 11:30-23:00
土 12:00-23:00
日 10:00-1400(ブランチのみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカンジナビア人は、皆大好き!ラクリス

北欧には、ラクリスというスカンジナビア人が好んでよく口にする嗜好品があります。

ラクリスは、日本語に訳すと甘草。漢方薬などにも使われることがあるようなのですが、香りの強いハーブのような独特の匂いをもっています。スカンジナビア人は、子供のころからこのラクリスに慣れ親しんでいて、子供から大人まで皆ラクリスが大好き。飴やグミを始めチョコレートなど、さまざまなお菓子製品に使われています。職場へ行くと、必ずと言っていいほど、クルーの中で誰かひとりはこのキャンディーを持っているくらい、スカンジナビア人に大人気。

機内にもSASビジネスにて、ビュッフェ用のお菓子として、ご用意させていただいています。

P10507301

黒色のキャンディーが全てラクリスです。

日本人のお客様からは、「これ、食べられるの!?」と、聞かれることがあるくらい、日本人の私たちにとっては、斬新な色遣いのキャンディー。。。特にラクリスは、キャンディーなのに、黒色って、ちょっとびっくりですよね。

このラクリスと、私の初めての出会いは、さかのぼること約10年。
当時、ロンドンへ語学留学していたときでした。

語学学校で仲良くなった日本人の友人に、
「これ美味しいから食べてみて( ´艸`)プププ」
と、言われて差し出された黒色のキャンディーがラクリスでした。何の躊躇もなく、口に入れてみたところ、「ウガァッ(@Д@;!!!」と、あまりの衝撃的な味に悶絶。口に入れておくことができず、すぐにティッシュへ出してしまいました。もちろん、ラクリスを勧めてきた友人は、その味を知っていて私に食べさせたのです。。。衝撃を受けた私の顔を見て、ものすごく嬉しそうだった友人の顔は、今でも忘れられません(笑)

その衝撃の出会いから数年後。
SASへ入社して間もないころ、スウェーデン人の同僚が満面の笑みで、「良かったら食べる?」と、ラクリスキャンディーを差し出してくれたのです。ロンドンでの衝撃をすっかり忘れていた私は、「何だろう??黒っぽいけど、ブルーベリー味かなo(*^▽^*)o?」と、思いながら、口へ入れてみると、あの衝撃が再び口の中に!!!親切心から、キャンディーをくれた同僚に申し訳ないので、内心の動揺を必死に抑えながら、呼吸を止めつつトイレへ。。。口から出して、捨てることになりました。。ごめんなさい。

今では、馴染みのない日本人にとってはラクリスが強烈な味であるということを、正直に同僚に伝えているのですが、頂いたチョコレートにひょっこりラクリスが入っていたりするので、今でもたびたびあの衝撃を味わう機会があります(笑)ただ、なかには、チョコレート味に紛れてか、それほど匂いのきつくないものもあるので、その商品によるのかもしれないですね。

ラクリスに限らず、スカンジナビア人は、グミキャンディーが大好き。
どのお店へ行っても、数多くのブランドから、カラフルなグミキャンディーが沢山売られています。

私も以前は、このグミキャンディーを色々買って味を試したことがあるのですが、中には、人口着色料を使わずにフルーツジュースで仕上げたヘルシー志向のものがあったり、グミのまわりに酸っぱいパウダーがかかっているものもあったりと好みに合わせて種類が実に豊富。

こちらは、ノルウェーで売られている、酸っぱいパウダーがかかったコーラ味のグミキャンディー。

Pa150475

酸っぱいけれど、甘い。甘いけれど酸っぱい。
なんともいえない美味しさがやみつきになり、あっという間に、袋が空になってしまうことがよくありましたΣ(;・∀・)
機内で、グミキャンディーの袋を開けて、食べているクルーを見つけると、
「Once you open, you can never stop (eating) !(一度開けたら、絶対に止められない!)」
と、思わず皆で口を合わせて言ってしまうほど、皆大好きなグミキャンディー。

ダイエット中の方には決してお勧めできませんが、スカンジナビア各国では、本当に数多くのこうしたキャンディーが売られていますので、機会がありましたら是非試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルモ・Konditori Hollandia

先月中旬、日曜日のコペンハーゲンステイ。
後輩のAちゃんと、久しぶりに、スウェーデンのMalmöへ行ってきました。いつも楽しくて、笑いがたえない、可愛い後輩Aちゃんとのフライト。スケジュールが発表されてから、この日まで、今回のステイは一緒にどこへ行って過ごそうかと、とっても楽しみにしていました。

突然ですが、皆さんは、日常生活の中で自分が長男・長女(第一子)、真ん中の子、末っ子、あるいは、ひとりっ子であるということを強く意識したことはありますか?
姉・兄が大学進学後、上京するために家を出て以降、きょうだいで一緒に暮らすことがなくなってからは、自分が末っ子であるということを意識することは、ほとんどなかったのですが、長女である後輩のAちゃんと一緒にいると、自分の末っ子気質が顕著に表れてくるようで、「典型的な末っ子の発想ですね
( ´,_ゝ`)ハイハイ」と、冷静な突っ込みを受けることがよくあります(笑)

そんなことから、自分でも、「末っ子気質とは?」と、気になって、本を調べてみたところ、一般的な気質として、長男・長女は、責任感が強い、自分の感情を抑えて我慢する、教えるのがうまい。末っ子は、要領がいい、思ったことをすぐに言う、甘え上手といった気質の他に、長男・長女:「母親に口答えをする、平気で人に頼みごとをする(押し付ける)」、末っ子:「母親・父親に告げ口をする。自分を中心に世界が回っていると思っている」とあって、ちょっと笑ってしまいました。
自分の子供時代を思い返してみても、家庭において、そういう場面が本当に多かったんですね。特に、末っ子である私は、小さいころから、「自分を中心に世界がまわっていると思うんじゃない!」と、母親によく叱られていましたヾ(´ε`*)ゝ
同じ長男・長女でも妹がいるのか、弟がいるのか、末っ子でも上が兄なのか、姉なのかによっても、それぞれの性格、相性が変わってくるようなので、調べていてとても興味深かったです。きょうだい構成から、その人の気質が左右されてしまうなんて、ちょっとおもしろいですよね。

そんなしっかり者の長女のAちゃんと、自由な末っ子の私。思い返してみると、ちょうど一年前の同じ時期に一緒にMalmöへ行き、中心街にあるカフェでケーキを食べて休憩した後、その日に新しくオープンしたEmporiaという、大きなショッピングセンターへ行ってきたのでした。

Photo

開店前のショッピングセンター前は、入店を待つ人々で大行列。
ショッピングセンターには、H&M等有名店舗の他、様々なアパレルショップや、地下階には大きなスーパーマーケットが二店舗入っています。
大きなフードモールもあったり、コペンハーゲンとは、また違った雰囲気を楽しむことができます。

Emporiaへは、Hyllie駅よりすぐ。
同じMalmö行きのチケットで、乗り降り可能です。

コペンハーゲンからMalmöへは、コペンハーゲン中央駅、またはコペンハーゲン空港駅から電車で30分前後。隣の国ですが、デンマーク・スウェーデン間を電車で移動する際には、パスポートチェックもなく、至って簡単に入国することができます。

電車のチケットを購入するときには、二人分をまとめて買うと割引になるので、誰かと一緒に利用する際には、別々に購入せず、二人分を一緒に
購入するとお得です。
購入の際には、帰りがいつになるのか聞かれますので、日帰りなのか二日間なのかチケットカウンターで伝えてください。

今回のMalmöでは、東京でノルウェー語を習っていたことが縁で、知り合ったHさんからお薦めしていただいた、ベーカリーカフェ、Konditori Hollandiaへ。

P1050643



Konditori Hollandiaへは、Malmö中央駅下車後、メインの大通りをまっすぐ15分ほど歩くと、通り左手にお店があります。

この日は、あいにくの雨で、通りを歩く人影もまばら。なんとなくひっそりとした雰囲気でしたが、店内へ足を運ぶとその景色は、一転。昼食をとる人々で賑わっていました。

このお店では、入り口のショーケースに並んでいる商品を選んだら、近くに設置されている機械から順番待ちの番号札をとって呼ばれるのを待ちます。混雑時には、注文する前に先に席を確保しておくのが良いかもしれません(貴重品は席に放置しないようにしましょう)。
サンドウィッチは、スモークサーモン、シュリンプ、ハム&チーズ、ローストビーフ、ベジタリアン等、種類が豊富。

P1050650

ケーキは、どれもデコレーションが凝っていて、中々一つに決められないくらい美味しそうなものが沢山。

P1050648
ケーキの奥の棚にも、焼き上げられた各種ペーストリーが並んでいます。

私たちは、まず、生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶、ハムとチーズのサンドウィッチとカフェラテを頼んでみました。


生ハムとチーズのイタリアンサンドウィッチと紅茶。

P1050655 

紅茶は、レジで会計後、茶葉の入ったポットを受け取って、店内中央に設置された、コーヒー・紅茶コーナーで、自分でお湯をそそぎます。コーヒーを注文した場合も、その場にカップが用意されていますので、自分でコーヒーを注いで席に着きます。


紅茶コーナーで、自分の紅茶ポットにお湯を注いで、席に戻ってきた末っ子に長女が一言。

「A型とは思えない雑なお湯の注ぎ方ですね(○゚ε゚○)プッ」

はい、出ました。
長女・O型(=おおらか、面倒見がいい、ロマンチスト♡)からの鋭い突っ込み。
そうです。末っ子でありA型(=几帳面、繊細、まじめ)の私ですが、茶葉を入れる茶こしが元からポットについている茶こしではなく、独立タイプの茶こし(しかも茶こしの中には茶葉がたっぷり)だったので、茶こしの上からお湯を注ぐときにドバーッと一気にお湯が出てしまい、ポットの中に茶葉が大量にあふれ出す状況になってしまったのです。
「大丈夫!カップに注ぐときに、もう一回、同じ茶こしで茶葉を受け止めながら注ぐから(◎´∀`)ノ」
と、なんとかA型としての面目を保つべく、平静を装いながらその場を取り繕ってみたのですが、その人の性格というのは、何か一つの要因から決定されるのではなく、血液型、きょうだい構成、その他いろいろな要因の集大成なんですね。。。


楽しみにしていたサンドウィッチですが、Hさんにお薦めしていただいた通り、サンドウィッチのパンがとても美味しくて、二人とも大満足。サンドウィッチを食べている間にも、店内には次から次へとお客さんが入ってきて、人気店であることが伺えます。

食後は、楽しみにしていたデザート。

どれにするか散々悩んだ末に、一番人気のパッションフルーツケーキを注文してみました。

P1050656

とっても爽やかな味わいで、パッションフルーツの香りが気持ちを明るくしてくれます。


こちらは、Aちゃんが注文した、ラズベリーケーキ。

P1050662

甘さ控えめで、チョコレートの苦みとラズベリーの酸味がきりりと効いた、大人な味わいでした。


二人とも、すっかりこのお店が気に入ってしまい、ショッピングを楽しんだ後に、もう一度、閉店間際のこちらへ戻って、それぞれサンドウィッチとペーストリーをテイクアウト。
さすが人気店だけあって、戻ってきたときには、かなりの商品が売り切れていました。

店内は、席数も比較的多く、大人数で集まってもゆったりくつろげるくらい、広々。
お気に入りのお店がまた一つ増えました。

お店を紹介してくださったHさん、どうもありがとうございました。


Emporia
http://emporia.se/(スウェーデン語)

月―日 10:00-20:00

Konditori Hollandia
http://www.hollandia.se/old/index.htm(スウェーデン語)

月ー金 8:00-19:00
土 9:00-17:30
日 11:00-18:00

Södra Föstadsgatan通り沿い左手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデンに行こう!

10月24日~12月25日の期間にスウェーデンの家電ブランド、エレクトロラックスの掃除機をお買い上げいただくと、抽選で100名様にSASで行くストックホルム3泊5日の旅が当たります。

年末の大掃除にスウェーデンブランドのおしゃれな掃除機はいかがですか?

Electrolux

詳しくは、こちらから

http://www.electrolux.co.jp/ergorapido/campaign2013/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コペンハーゲン・FOOD SHOP no 26

今年の秋は、例年より気温が高く、比較的過ごしやすい天候に恵まれたコペンハーゲン。
先日のステイでは、デンマーク人の同僚の案内で、地下鉄Island Brygge駅から徒歩10分弱の場所にある、ベーカリーカフェ、FOOD SHOP no 26へ行ってきました。

FOOD SHOP no 26
P1050580

P1050555

こちらのカフェでは、黒板に書かれた、メニューから選んで注文します。

P1050558

飲み物は、コーヒー、紅茶の他にスムージーやレモネードなどもあり、食事は、サンドイッチ、サラダ、バーガー、クロックムッシュ等揃っています。

ショーケースに並べられた商品も注文して、店内で食べることができます。

P1050559

ケーキ類は、デコレーションがおしゃれで目を惹きます。

P1050565

友人が注文した、朝食セット(ゆで卵、チーズ、ラズベリージャム、ヨーグルト)とカフェラテ。
本来は、これにパンが付くようですが、炭水化物抜きダイエット決行中の友人はパンの代わりにゆで卵を追加していました。

P1050569

私が頼んだのは、ベジタリアンサンドイッチと洋ナシの紅茶。
サンドイッチには、フムスペースト、トマト、アボカド、バジルペースト、サラダが入っています。

P1050571_2 

こちらで出されるサンドイッチには、デンマーク特有の黒いライ麦パンが使われているので、とってもヘルシーで、食べごたえがあります。

この穀物がたくさん入っていて、いかにも健康に良さそうな黒いパン。
初めて口にしたときは、穀物の酸っぱさが強く感じられて、とても美味しいとは思えず( ̄◆ ̄;)、しばらくは苦手だったのですが、今となっては率先してこの黒いライ麦パンを自ら選ぶほど気に入っています。栄養価が高いだけでなく、チーズやバターとよく合うところも高ポイント。デンマーク料理として、有名なスモーブロー(オープンサンドイッチ)にもこのパンが使われています。

デザートに、ミックスベリーのムース(ミニサイズ)を頼んでみました。
P1050578

表面に、ラメパウダーがかかっていますshine
見た目のあまりの可愛らしさに、食べる前から、テンションもグングン上がります♪
食べてみると、甘酸っぱいベリーの味わいに、ふわふわなムース生地の食感が口の中に広がり、女性は間違いなく好きな味だと思います。


店内では、いくつかオリジナル商品も販売されています。

こちらは、それぞれ、ラズベリー、シナモン、カカオ、チリ、オレンジ等がブレンドされた、はちみつ。
容器のパッケージがおしゃれなので、プレゼントにしても喜ばれそうですね。

P1050574


マーマレードとラズベリーのジャム。
友人の頼んだ朝食セットにラズベリージャムが付いていたので、試してみたところ、とってもフレッシュな味わいで美味しかったです。

P1050575

店内では、焼きたての食パンやクロワッサンなども販売しており、帰りに、マフィンをテイクアウトしてみましたが、マフィン表面はカリカリ、中はしっとり。
マフィン上部には、ココナッツ、下部には、ざく切りのダークチョコレートが入っている、今までにありそうでなかった組み合わせですが、とても美味しかったです。

落ち着いたインテリアの店内で、ヘルシーサンドウィッチを食べながらほっと一息つける、素敵なカフェでした。


FOOD SHOP no 26
Thorshavnsgade 26
2300 København S
http://www.foodshop26.dk/(デンマーク語)

月‐日 6:30-20:00

| | コメント (1) | トラックバック (0)