2010年5月

日本語機内誌 もうすぐ到着

日本語機内誌スカノラマをご覧になったことはありますか?

スカノラマは年に1回の発行で東京-コペンハーゲン間のフライトでご覧いただくことができます。また、オンラインバージョンもSASウェブサイトよりご覧いただけます。

今年のスカノラマはコペンハーゲンのコートビューエン地区がニューヨークで話題のミートパッキング・ディストリクトのように眠らない街になっていることやスカンジナビアのおすすめカフェやレストラン10など、盛りだくさんです。

では、少しお見せしますね。

Scanorama_2

ごめんなさい、表紙だけでしたgawk

オンラインの準備ができましたら、またお知らせします。

6月1日からの便で購読可能ですので、よろしくお願いしますwink

| | コメント (1) | トラックバック (0)

セールセールセール!

Sasbig5landingpagejpjp_2

本日より東京発ヨーロッパ各都市の超格安航空券の販売を開始します!

8月22日~9月16日(東京発9月11日まで)という夏の期間の限定販売です。

予約は5月27日までですので、お早めに!

www.flysas.co.jp

| | トラックバック (0)

デンマーク人の友人に勧められて・・・

今回のステイでは観光する時間がありましたので、アマリエンボー宮殿の内フレデリック8世宮殿を見学に行ってきました。

アマリエンボー宮殿はコペンハーゲンのニューハウンと人魚の像(注:上海万博に貸出中)のほぼ中間に位置し、

特に衛兵の交代でご存知の方も多いのではないでしょうか? 

こちらの宮殿は次期国王のフレデリックデンマーク皇太子夫妻とそのお子様たちの居住用に、2004年の春から改装工事が行われていました。

その改装工事がほぼ完了し(日本でいうところの)1階と2階部分が一般に公開されています。 

写真・ビデオ撮影は不可のため、残念ながら画像が無いのですが、改装といってもただ壁や天井の色を塗り替えただけでなく、

伝統的な宮殿の壁の一面にデンマークの現代画家の抽象的な絵が描かれたりしているのです。

各部屋にそれぞれ改装前の写真も展示されているので、興味深く見ることができました。

デンマーク王室の伝統、新しさを肌で感じられました。

今年の530日までの期間限定の公開ですので、それまでにコペンハーゲン観光を予定されている方にはお勧めのスポットです。

開館時間など詳しくは下のリンクをご覧ください。

http://www.ses.dk/en/SlotteOgHaver/Slotte/Amalienborg/frederik8palae/AabningForOffentligheden.aspx

私が訪れた時はAM11時くらいから1時間待ちの行列でしたので、お時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

デンマークのフレデリック皇太子夫妻の公式HPのリンクも下に。素敵な写真満載のHPです。

http://www.kronprinsparret.dk/english.php

 

| | トラックバック (0)

赤土デビュー!

毎年5月末になるとテニス4大大会の一つフレンチオープンが始まります。

またフレンチオープンのコートサーフェスは赤土のクレーで有名ですが、

日本ではなかなか目にすることができないタイプのサーフェスですね。

Cimg0441  Cimg0443_2

 

ヨーロッパでは赤土のコートがよく見受けられます。ここデンマークも

例外ではありません。コペンハーゲンにもいくつかのテニスクラブがありますが

ほとんどが赤土です。

 

こちらのクラブには約10面のテニスコートがあり、地元の人々が朝から

汗を流しています。天候の悪い場合はコート裏にある室内コートも利用する

ことができます。

Cimg0446

 

私も数年前に赤土デビューを果たしましたが、やはり赤土のクレーは日本の

クレーコートとは違う感覚です。土が日本のクレーよりも粘土質で柔らかい

感じがします。もちろん白いシューズや白いウェアは赤茶に染まってしまいますが・・・・

 

赤土でプレーをする場合のお勧めは黒いシューズに濃い目のウェアですね。

冬の間は閉鎖してしまうコートが多いですが、春から秋にかけてカラッとした

空気のもと、清々しい汗を流してみてはいかがですか?

| | トラックバック (0)

VS.時差

私たちにとって最大の敵は時差ではないでしょうか?滞在先に到着してからと

家に帰ってきてからもこの戦いは続きます。

人それぞれ時差ボケの対処法は異なってくるのでこれが一番いいというのは無いようです。

ここでいくつか私が同僚や先輩から伺って試した時差ぼけ対策を御紹介しましょう。

いずれも日本に帰国後の例:

A.   数時間(2時間程)仮眠を取る

B.  身体が欲するまま寝たいだけ寝る

C.  現地時間に合わせ、日中は予定を入れたり通常の就寝時間まで起きている

D.  温泉などのリラクゼーションスポットに行き湯船にゆっくり浸かったりサウナに入る

【検証】

A: 2時間で起きるつもりが気がつくと何時間も寝てしまうことが殆んどで昼と夜が

   逆転してしまって夜眠れなくなってしまう。

B: こちらも昼と夜が逆転してしまい時差ぼけを直すのに数日かかってしまう。

C: 日中に睡魔が襲ってくるが翌日から普段通りに生活ができる。

D: 気分的にもリラックスできて汗を出すことによってリフレッシュできるのでよい。

現在はCとDのコンビネーションが私には一番合っているようです。

ただリラクゼーションスポットなどではなく

自宅の湯船が多いですが・・・

みなさんはどのタイプでしょうか?

Cimg0431

| | トラックバック (0)